意味と例文@ことわざと四字熟語のケロケロ辞典

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語の意味や例文や使い方が小学生にも分かりやすい辞書。カエル親子の会話で小学校低学年や高学年の子供に説明したり中学生・高校生・受験生の学習にも最適。YouTube動画やクイズもあるよ♪

「い」から始まることわざ・四字熟語

一路平安

【四字熟語】一路平安(いちろへいあん)の意味・例文 意味 無事を祈って言う言葉のこと。 例文 「明日からの出張、 一路平安 を祈ってるね」と母は父に言った。 類義語 道中ご無事で、旅立つ人の道中の無事を祈る、無事祈願、平 […]

一路順風

【四字熟語】一路順風(いちろじゅんぷう)の意味・例文 意味 物事が順調に運ぶさま。また、旅人の無事を祈る言葉。 例文 今まで 一路順風 に仕事が進んできたが、これからはもっと工夫していく必要があると思う。 類義語 順風満 […]

いやが上にも

【ことわざ・慣用句】いやが上にも(いやがうえにも)の意味・例文 意味 さらに、ますますという意味。 例文 彼女が試合の応援に来ることになり、 いやが上にも 気合が入る。 類義語 より一層、前にも増して、格段に、ますます、 […]

意表を突く

【ことわざ・慣用句】意表を突く(いひょうをつく)の意味・例文 意味 相手が予想をしていなかったことをして驚かせるという意味。 例文 まさか彼がそんなことを言うだなんて夢にも思っていなくて…完全に 意表を突かれた 。 類義 […]

一致団結

【ことわざ・慣用句】一致団結(いっちだんけつ)の意味・例文 意味 目標の達成の為に多くの人が心を一つにして協力すること。 例文 一致団結 して練習に取り組んだかいがあって、彼女のクラスは見事コンクールで優勝を果たした。 […]

一日一生

【四字熟語】一日一生(いちにちいっしょう)の意味・例文 意味 一日を一生だと思って大切に生きなさいという教え。 例文 一日一生 で「今日」は「今日」しかやってこないのだから1日を大切に生きよう! 類義語 今を生きる、一期 […]

犬も食わない

【ことわざ・慣用句】犬も食わない(いぬもくわない)の意味・例文 意味 ばかばかしくて、まともに相手をする気も起らないという意味。 例文 あの2人はいつも 犬も食わない ような内容のケンカばかりしている。 類義語 夫婦喧嘩 […]

いずれ菖蒲か杜若

【ことわざ・慣用句】いずれ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)の意味・例文 意味 どちらも優れていて優劣がつけにくいという意味。 例文 最近のエアコンはどれも性能が良くて、 いずれ菖蒲か杜若 で買うのに迷ってしまう。 […]

言わぬが花

【ことわざ・慣用句】言わぬが花(いわぬがはな)の意味・例文 意味 余計な事を話すよりも黙っていた方が得をする事もあるということ。 例文 宝くじに当たったので人に言いたかったが、きっと 言わぬが花 だと思い秘密にしておいた […]

一矢報いる

【ことわざ・慣用句】一矢報いる(いっしむくいる)の意味・例文 意味 たとえわずかな力でも、相手に仕返しをすること。 例文 いつも言い負かされる相手だが、今日は 一矢報いて 言い返してやった。 類義語 反撃する、逆襲する、 […]

一を聞いて十を知る

【ことわざ・慣用句】一を聞いて十を知る(いちをきいてじゅうをしる)の意味・例文 意味 物事の一部だけを聞いて、全体を理解できること。 例文 息子は子供の頃から 一を聞いて十を知る ことができる子だった。 類義語 飲み込み […]

一目置く

【ことわざ・慣用句】一目置く(いちもくおく)の意味・例文 意味 相手を自分より優れてると認めて敬意を払うこと。 例文 彼の行動力はずば抜けていて、みんな彼には 一目置いて いる。 類義語 敬意を払う、敬意を表する、畏敬の […]

急がば回れ

【ことわざ・慣用句】急がば回れ(いそがばまわれ)の意味・例文 意味 危険な近道を選ぶよりも、遠回りでも確実で安全な道を選ぶ方が結局は早いということ。 例文 納期が近づき焦る気持ちもあるが、 急がば回れ というように確実に […]

石橋を叩いて渡る

【ことわざ・慣用句】石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)の意味・例文 意味 用心に用心を重ねて、物事を慎重に行うこと。 例文 石橋を叩いて渡る ように入念に見直しを繰り返したおかげで、今回のテストは満点だった。 […]

石の上にも三年

【ことわざ・慣用句】石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)の意味・例文 意味 我慢強く辛抱していれば、いつかは必ず成功するという意味。 例文 石の上にも三年 という言葉を信じて努力し続けてきたおかげで、やっと夢を叶える […]

息を呑む

【ことわざ・慣用句】息を呑む(いきをのむ)の意味・例文 意味 驚き、一瞬息を止めること。 例文 ウェディングドレスを着た彼女があまりにも美しかったので、僕は思わず 息を呑んだ 。 類義語 言葉を失う、絶句する、唖然とする […]

生き馬の目を抜く

【ことわざ・慣用句】生き馬の目を抜く(いきうまのめをぬく)の意味・例文 意味 油断も隙も無く素早いこと。また、他人を出し抜いて利益を得るという意味。 例文 生き馬の目を抜く ような上司の仕事ぶりには正直ついていけない。 […]

井の中の蛙

【ことわざ・慣用句】井の中の蛙(いのなかのかわず)の意味・例文 意味 知識や見識が狭いことのたとえ。(井の中の蛙大海を知らずを略した言葉) 例文 彼は自分が物知りだと思っているようだが、 井の中の蛙大海を知らず だ。 類 […]

命あっての物種

【ことわざ・慣用句】命あっての物種(いのちあってのものだね)の意味・例文 意味 何事も生きていればこそできることで、死んだら何にもならないということ。 例文 命あっての物種 だから、危ない場所には近づかないようにしよう。 […]

犬も歩けば棒に当たる

【ことわざ・慣用句】犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)の意味・例文 意味 何かをしようとすれば思いがけない幸運や災難にあうものだというたとえ。 例文 犬も歩けば棒に当たる というように、サッカークラブに入 […]

犬の遠吠え

【ことわざ・慣用句】犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)の意味・例文 意味 臆病な人が、陰でいばったり悪口を言ったりすることのたとえ。 例文 話し合いのときは何も言わなかったくせに、あとでこそこそと文句を言うなんて、 犬の遠吠え […]

一寸の虫にも五分の魂

【ことわざ・慣用句】一寸の虫にも五分の魂(いっすんのむしにもごぶのたましい)の意味・例文 意味 小さくて弱い者にも、それなりの意地や根性があるのだから、ばかにしてはいけないということのたとえ。 例文 一寸の虫にも五分の魂 […]

一言居士

【四字熟語】一言居士(いちげんこじ)の意味・例文 意味 何かあるたびに一言でも自分の意見を言わないと気が済まない人。 例文 サッカー部の〇〇君はキャプテンの練習方法にいちいち口を出してくる 一言居士 なやつだ。 類義語 […]

慇懃無礼

【四字熟語】慇懃無礼(いんぎんぶれい)の意味・例文 意味 表面では丁寧にふるまっていても、内心は相手を見下していること。 例文 クラスで1番成績がいい子が、「あなたってかしこいね」って言ってきた。 慇懃無礼 な子だ。 類 […]

一進一退

【四字熟語】一進一退(いっしんいったい)の意味・例文 意味 状態が良くなったり悪くなったり、進んだり後戻りしたりすること。 例文 今日のプロ野球の試合は 一進一退 の攻防で見ごたえのある試合だった。 類義語 足踏み状態 […]

一生懸命

【四字熟語】一生懸命(いっしょうけんめい)の意味・例文 意味 ものごとに全力を尽くして頑張ること。 例文 野球がうまくなりたいので毎日朝から 一生懸命 練習している。 類義語 一心不乱、誠心誠意、真面目、ひたむき、脇目も […]

一騎当千

【四字熟語】一騎当千(いっきとうせん)の意味・例文 意味 優れた才能や経験を持っていて強いこと。 例文 サッカー部は転校してきた〇〇君の 一騎当千 の活躍で一気に強くなった。 類義語 向かうところ敵なし、百戦錬磨、獅子奮 […]

一攫千金

【四字熟語】一攫千金(いっかくせんきん)の意味・例文 意味 少ない努力で大きなお金を手に入れようとすること。 例文 一攫千金 を狙って宝くじをたくさん買ったが全く当たらなかった。 類義語 ひと山当てる、一獲千金、ボロ儲け […]

一蓮托生

【四字熟語】一蓮托生(いちれんたくしょう)の意味・例文 意味 他の誰かと行動や運命をともにすること。 例文 鶴の夫婦はとても仲がよく 一蓮托生 の関係だ。 類義語 一心同体、死なば諸共、運命を共にする、旅は道連れ世は情け […]

一網打尽

【四字熟語】一網打尽(いちもうだじん)の意味・例文 意味 悪い集団などを、一度にまとめて捕まえること 例文 警察が犯罪集団の事務所に乗り込んで 一網打尽 にした。 類義語 一斉検挙、一斉摘発、一人残らず捕まえる、根こそぎ […]

一望千里

【四字熟語】一望千里(いちぼうせんり)の意味・例文 意味 山などから見た景色が、広々として見晴らしがいいこと 例文 富士山に登るのは疲れるが、頂上からの 一望千里 のきれいな景色で疲れが取れる。 類義語 広大無辺、雄大な […]

意気揚々

【四字熟語】意気揚々(いきようよう)の意味・例文 意味 得意になり元気いっぱいな態度でふるまう様子。 例文 甲子園で勝った高校野球チームが 意気揚々 と応援団にあいさつしていた。 類義語 得意満面、上機嫌、ご機嫌、得意げ […]

一触即発

【四字熟語】一触即発(いっしょくそくはつ)の意味・例文 意味 極めて緊迫した状況のこと 例文 〇〇君と△△君は仲が悪くて 一触即発 の状況だ。 類義語 緊迫した雰囲気、ピリピリした空気、険悪なムード、爆発寸前、限界ギリギ […]

一長一短

【四字熟語】一長一短(いっちょういったん)の意味・例文 意味 人や物事にはいいところもあれば悪いところもあるということ。 例文 子供にパソコンを買うとITに強くなるけど、ゲームをやりすぎるから 一長一短 だ。 類義語 利 […]

一世一代

【四字熟語】一世一代(いっせいいちだい)の意味・例文 意味 人生で二度とないような重要なこと。 例文 ボクシングの〇〇選手にとって、今日の世界戦は 一世一代 の勝負だ。 類義語 一生に一度、生涯一度きり、後生一生、千載一 […]

一心不乱

【四字熟語】一心不乱(いっしんふらん)の意味・例文 意味 一つのことに集中していて他のことに気を取られないようす。 例文 〇〇選手は小・中・高・大学と 一心不乱 に野球に打ち込んだのでプロ野球選手になれた。 類義語 一意 […]

一心同体

【四字熟語】一心同体(いっしんどうたい)の意味・例文 意味 二人以上の人が、一つの心・同じ体であるような強い結びつきを持っていること。 例文 テニスのダブルスの優勝ペアはまさに 一心同体 のプレーで相手に勝利した。 類義 […]

意気消沈

【四字熟語】意気消沈(いきしょうちん)の意味・例文 意味 元気をなくして落ち込んでしまう様子。 例文 〇〇君は運動会にむけて張り切っていたが雨で中止になり 意気消沈 していた。 類義語 青菜に塩 、気落ちする、しょげかえ […]

一挙一動

【四字熟語】一挙一動(いっきょいちどう)の意味・例文 意味 その人のあらゆる行動や態度のこと。 例文 〇〇君はアイドルの△△さんの 一挙一動 に注目している。 類義語 一挙手一投足(手や足などの肉体的動作の例で使われるこ […]

一期一会

【四字熟語】一期一会(いちごいちえ)の意味・例文 意味 一生に一度かぎりであること(人との出会いなど) 例文 私の母は 一期一会 の出会いを大切にして生きている。 類義語 一生に一度の出会い、運命の出会い、めぐり逢い、出 […]

一念発起

【四字熟語】一念発起(いちねんほっき)の意味・例文 意味 あることをしようと強く決心すること 例文 〇〇さんは 一念発起 して会社を辞めてパン屋さんをはじめた。 類義語 決心する、決意する、意を決する、気持ちを固める、決 […]

一部始終

【四字熟語】一部始終(いちぶしじゅう)の意味・例文 意味 最初から最後までずっと 例文 交差点での事故を 一部始終 見ていた。 類義語 いきさつ、経緯、一から十まで、一切合切、つぶさに、洗いざらい、初めから終わりまで、最 […]

意気投合

【四字熟語】意気投合(いきとうごう)の意味・例文 意味 お互いの気持ちや考えがぴったりと合うこと。 例文 〇〇君と△△君は初対面だけど趣味の音楽の話で 意気投合 していた 類義語 以心伝心、阿吽の呼吸、共感、同感、通じ合 […]

因果応報

【四字熟語】因果応報(いんがおうほう)の意味・例文 意味 良いことをした人には良いことが、悪いことをした人には悪いことがあるということ。使い方は悪い方の意味が多い。 例文 〇〇君は先生の悪口ばかり言っていたが、先生にばれ […]

一朝一夕

【四字熟語】一朝一夕(いっちょういっせき)の意味・例文 意味 ほんの少しの期間。(「一朝一夕では~できない」という否定的な意味で使われることがほとんど) 例文 マラソン選手の足の筋肉はすごい。 一朝一夕 で身につくもので […]

以心伝心

【四字熟語】以心伝心(いしんでんしん)の意味・例文 意味 言葉を使わなくても、おたがいの気持ちが通じ合うこと。 例文 父がお茶を飲みたいと思ったとき、いつも母がお茶を出している。やはり長年の夫婦は 以心伝心 だ。 類義語 […]

一喜一憂

【四字熟語】一喜一憂(いっきいちゆう)の意味・例文 意味 ちょっとしたことで喜んだり悲しんだりすること。 例文 〇〇君はプロ野球の結果で毎日 一喜一憂 している。 類義語 悲喜交交、泣き笑い、浮き沈みが激しい、感情の起伏 […]

一日千秋

【四字熟語】一日千秋(いちじつせんしゅう)の意味・例文 意味 一日が千年のように感じられるほど待ち遠しいこと。 例文 子供が遠足を 一日千秋 の思いで楽しみにしている。 類義語 首を長くして 待つ、待ち遠しい、待ち焦がれ […]