一言居士(いちげんこじ)

【四字熟語】一言居士(いちげんこじ)の意味・例文

意味 何かあるたびに一言でも自分の意見を言わないと気が済まない人。
例文 サッカー部の〇〇君はキャプテンの練習方法にいちいち口を出してくる 一言居士 なやつだ。
類義語 文句言い、何にでも口を挟みたがる人、出しゃばり、ウザい、しゃしゃり出る、ご意見番、口うるさい
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

一言居士:わかりやすい使い方

いちげんこじ:例文1
〇〇君はいつもクラスで意見がまとまりかけたときに反対意見を言ってくるケロ。
一言居士:意味2
そういう人を 一言居士 っていうケロ。何か一言でも自分の意見を言わないと気が済まないケロ。
いちげんこじ:例文2
じゃあパパもいつもボクの勉強のやり方に口を出してくるから 一言居士 ケロ。
一言居士:意味3
。。。うまく四字熟語使いこなしてる場合じゃないケロ。

一言居士】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 文句言い、何にでも口を挟みたがる人、出しゃばり、ウザい、しゃしゃり出る、ご意見番
意味 ⇒ 何かあるたびに一言でも自分の意見を言わないと気が済まない人。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ