思いを馳せる

【ことわざ・慣用句】思いを馳せる(思いを馳せる)の意味・例文

意味 遠く離れている人や物に対して感傷的な気持ちになること。思いを募らせること。
例文 喧嘩をしたまま遠くに引っ越してしまった友人に 思いを馳せる
類義語 思いを巡らす、思いを募らせる、物思いにふける、想像する、空想する、回顧する、反芻する 
反対語 すっぱり忘れる、記憶に残らない、思い出せない
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

思いを馳せる:わかりやすい使い方

思いを馳せるとは:意味1
昔の友人から年賀状が届いたケロ。元気そうでよかったケロ。
思いを馳せる:例文1
ボクが子供の時によく遊んでくれたパパのお友達ケロね!僕も会いたいケロ!
思いを馳せるとは:意味2
(彼とはもう10年会えてないけど…今でもあの頃に 思いを馳せて いることがあるケロ…。)
思いを馳せる:例文2
おーい、パパ?急に黙り込んじゃったケロ…。

思いを馳せる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


思いを馳せるの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 思いを巡らす、思いを募らせる、物思いにふける、想像する、空想する、回顧する、反芻する 
意味 ⇒ 遠く離れている人や物に対して感傷的な気持ちになること。思いを募らせること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ すっぱり忘れる、記憶に残らない、思い出せない

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ