師走女の化粧には山の神も怖がる

【ことわざ・慣用句】師走女の化粧には山の神も怖がる(しわすおんなのけしょうにはやまのかみもこわがる)の意味・例文

意味 師走のとても忙しい時期に、妻は落ち着いて化粧をするほどの時間などはないという意味。
例文 師走女の化粧には山の神も怖がる とはいうが結婚して1年目にしてそれを身をもって理解することができた。
類義語 猫の手も借りたい、師走女房難つけな、てんてこ舞いの、目が回るような、手が回らない
反対語 優雅に身だしなみを整える、時間にゆとりがある、悠々自適
レベル ★★★★☆ 中学生:上級 (小学生:難、高校生:中級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

師走女の化粧には山の神も怖がる:わかりやすい使い方

しわすおんなのけしょうにはやまのかみもこわがる:例文1
師走女の化粧には山の神も怖がる とはいうけど、ママは毎年年末ものすごく忙しそうケロ。
師走女の化粧には山の神も怖がるとは:意味2
家に帰って何かできることがあれば手伝ってあげようケロ!
しわすおんなのけしょうにはやまのかみもこわがる:例文2
女の人は本当に大変ケロね。
師走女の化粧には山の神も怖がるとは:意味3
ママにお疲れ様のケーキを買って帰ろうケロ!

師走女の化粧には山の神も怖がる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


師走女の化粧には山の神も怖がるの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 猫の手も借りたい、師走女房難つけな、てんてこ舞いの、目が回るような、手が回らない
意味 ⇒ 師走のとても忙しい時期に、妻は落ち着いて化粧をするほどの時間などはないという意味。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 優雅に身だしなみを整える、時間にゆとりがある、悠々自適

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ