鵜の目鷹の目

【ことわざ・慣用句】鵜の目鷹の目(うのめたかのめ)の意味・例文

意味 真剣にものを探し出そうとする様子、または人の粗探しをする時の目つきや行動のこと。
例文 姉の彼氏の欠点を父は 鵜の目鷹の目 で探していた。
類義語 ウの目タカの目、まじまじ、じろじろ、穴があくほど見つめる、探し求める、目を皿のようにする
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


鵜の目鷹の目:わかりやすい使い方

うのめたかのめ:例文1
風紀指導の先生は、 鵜の目鷹の目 で生徒の粗を探してくるから苦手ケロ。
鵜の目鷹の目:意味2
先生のことをそういう風に言ってはダメケロ!
うのめたかのめ:例文2
でも良い行動をすると誰よりも早く気が付いてくれるケロ。
鵜の目鷹の目:意味3
厳しい人ほどちゃんと見てくれているものケロね。

鵜の目鷹の目】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ ウの目タカの目、まじまじ、じろじろ、穴があくほど見つめる、探し求める、目を皿のようにする
意味 ⇒ 真剣にものを探し出そうとする様子、または人の粗探しをする時の目つきや行動のこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ