泰山は土壌を譲らず

【ことわざ・慣用句】泰山は土壌を譲らず(たいざんはどじょうをゆずらず)の意味・例文

意味 偉大な人は、どんな小さな意見でもよく聞き入れるという意味。(泰山は土壌を譲らず、故によくその大を成す)
例文 泰山は土壌を譲らず というが、一人一人の意見に耳を傾けていくということは、相当な忍耐力が必要だ。
類義語 河海は細流を択ばず、大山は礫石を譲らず(れきせき)、江海は小流を辞せず
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


泰山は土壌を譲らず:わかりやすい使い方

たいざんはどじょうをゆずらず:例文1
ムキ―!僕は怒っているケロ!
泰山は土壌を譲らず:意味2
どうしたケロ?
たいざんはどじょうをゆずらず:例文2
野球部の後輩が全く言うことを聞いてくれないケロ!
泰山は土壌を譲らず:意味3
泰山は土壌を譲らずケロ。きっと後輩も何か思っていることがあるケロよ。先輩として話を聞いたあげたらいいケロよ♪

泰山は土壌を譲らず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 河海は細流を択ばず、大山は礫石を譲らず(れきせき)、江海は小流を辞せず
意味 ⇒ 偉大な人は、どんな小さな意見でもよく聞き入れるという意味。(泰山は土壌を譲らず、故によくその大を成す)

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ