飼い犬に手を噛まれる

【ことわざ・慣用句】飼い犬に手を噛まれる(かいいぬにてをかまれる)の意味・例文

意味 ふだんから面倒を見ていた人に裏切られて、ひどい目にあう。
例文 弟子が仕事をサボったせいで痛い目にあった。 飼い犬に手を噛まれた 気分だ。
類義語 恩を仇で返す、後足で砂をかける、裏切られる、寝首を掻かれる、足をすくわれる、下剋上(げこくじょう)
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

飼い犬に手を噛まれる:わかりやすい使い方

かいいぬにてをかまれる:例文1
いつもサッカーを教えてあげていた後輩に裏切られたケロ!
飼い犬に手を噛まれる:意味2
飼い犬に手を噛まれた ケロ?いったい何があったケロ?
かいいぬにてをかまれる:例文2
シュートを決めたあとにするゴールパフォーマンスを盗まれたケロ。しかもボクよりも目立っていたケロ!
飼い犬に手を噛まれる:意味3
ケロゆう。。。先輩ならそれくらい許してあげるケロよ。

飼い犬に手を噛まれる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 恩を仇で返す、後足で砂をかける、裏切られる、寝首を掻かれる、足をすくわれる、下剋上
意味 ⇒ ふだんから面倒を見ていた人に裏切られて、ひどい目にあう。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ