急いては事を仕損じる

【四字熟語】急いては事を仕損じる(せいてはことをしそんじる)の意味・例文

意味 物事は焦ってやると失敗しやすいということ。
例文 急いては事を仕損じる というように、焦って仕事をしたら失敗ばかりで逆に遅くなってしまった。
類義語 急がば回れ、焦りは禁物、慌てる乞食は貰いが少ない、短気は損気、そんなに急いでどこへ行く
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

急いては事を仕損じる:わかりやすい使い方

せいてはことをしそんじる:例文1
今日出た宿題、5分で終わらせてやったケロ♪
急いては事を仕損じる:意味2
いくら何でも早すぎるケロ。ちゃんとやったかチェックするケロ。
せいてはことをしそんじる:例文2
いいケロよ。見てみるケロ。
急いては事を仕損じる:意味3
本当にやってあるケロね。。。って全部間違えているケロ!
せいてはことをしそんじる:例文3
しまったケロ。早さを重視しすぎたケロ。
急いては事を仕損じる:意味4
急いては事を仕損じる ケロ。ただやるんじゃなくて丁寧にやるケロ。

急いては事を仕損じる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 急がば回れ、焦りは禁物、慌てる乞食は貰いが少ない、短気は損気、そんなに急いでどこへ行く
意味 ⇒ 物事は焦ってやると失敗しやすいということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ