女心と秋の空

【ことわざ・慣用句】女心と秋の空(おんなごころとあきのそら)の意味・例文

意味 変わりやすい秋の空のように、女性の気持ちは変わりやすいということ。
例文 女心と秋の空 で、うちのお母さんは機嫌がころころと変わる。
類義語 気分が変わりやすい、移ろいやすい、女の心は猫の目、当てにならない、飽きやすい
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

女心と秋の空 とは:わかりやすい使い方の例

おんなごころとあきのそら:例文1
クラスの女の子と楽しく話していたのに、その子にいきなり怒られたケロ。
女心と秋の空とは:意味2
女心と秋の空 とは言うけれど、何があったケロ?
おんなごころとあきのそら:例文2
もしかして、ずっと自慢話をしていたのがいけなかったケロ?
女心と秋の空:意味3
きっとそれケロ。相手の興味のない話を一方的にしたらダメケロ。
おんなごころとあきのそら:例文3
わかったケロ。ママの自慢話はパパにだけするケロ。
女心と秋の空:意味4
そんな話を聞かせていたケロか!それは怒るのも無理はないケロ。。。

女心と秋の空】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 気分が変わりやすい、移ろいやすい、女の心は猫の目、当てにならない、飽きやすい
意味 ⇒ 変わりやすい秋の空のように、女性の気持ちは変わりやすいということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ