悪しからず

【ことわざ・慣用句】悪しからず(あしからず)の意味・例文

意味 「気を悪くしないで」といった意味で相手に使う言葉。
例文 彼は不器用な人だが悪気は無いので、どうか あしからず …。
類義語 気を悪くしないで、悪く思わないで、申し訳ありませんが、気分を害さないようお願いします
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


悪しからず:わかりやすい使い方

あしからず:例文1
あしからず 』ってどういう意味ケロ?
悪しからず:意味2
気を悪くしないでって意味ケロ。
あしからず:例文2
なるほど!先生同士が会話している中で使っていたケロ
悪しからず:意味3
きっと、その先生は相手の先生との関係を大事にしているから使ったケロね。

悪しからず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 気を悪くしないで、悪く思わないで、申し訳ありませんが、気分を害さないようお願いします
意味 ⇒ 「気を悪くしないで」といった意味で相手に使う言葉。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ