善後策

【ことわざ・慣用句】善後策(ぜんごさく)の意味・例文

意味 何らかの問題が起こった時に上手く後処理することで、今後それが良い方向に進むよう仕向けること。
例文 来月退職する兄は、自分が退職した後の 善後策 を考えていた。
類義語 事前の対策、対応措置、対応策
反対語 その場しのぎ、一時しのぎ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

善後策:わかりやすい使い方

ぜんごさく:例文1
担任の先生が退職で別の先生に代わったけど、担任が前々から 善後策 を考えていたおかげで、助かったと話しているのを聞いたケロ。
善後策とは:意味2
しっかりした先生だったケロね。
ぜんごさく:例文2
僕らのことを1番に考えてくれる先生だったケロ。
善後策とは:意味3
また会いたいケロね。

善後策】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


善後策の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 事前の対策、対応措置、対応策
意味 ⇒ 何らかの問題が起こった時に上手く後処理することで、今後それが良い方向に進むよう仕向けること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ その場しのぎ、一時しのぎ

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ