石橋を叩いて渡る

【ことわざ・慣用句】石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)の意味・例文

意味 用心に用心を重ねて、物事を慎重に行うこと。
例文 石橋を叩いて渡る ように入念に見直しを繰り返したおかげで、今回のテストは満点だった。
類義語 備えあれば憂いなし、念には念を入れよ、転ばぬ先の杖、用心に怪我なし、濡れぬ先の傘
反対語 一か八か、危ない橋を渡る、当たって砕けろ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

石橋を叩いて渡る とは:わかりやすい使い方の例

石橋を叩いて渡るとは:意味1
ケロゆう、明日から中間テストなのに勉強しなくていいケロか?
いしばしをたたいてわたる:例文1
大丈夫、大丈夫、余裕ケロ~♪
石橋を叩いて渡るとは:意味2
ケロゆうは、 石橋を叩いて渡る 精神を身に着けたほうが良いケロ。
いしばしをたたいてわたる:例文2
テストで眠くなったら大変だから用心して今日は寝るケロ。おやすみケロ~♪
石橋を叩いて渡る:意味3
…ケロ。

石橋を叩いて渡る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 備えあれば憂いなし、念には念を入れよ、転ばぬ先の杖、用心に怪我なし、濡れぬ先の傘
意味 ⇒ 用心に用心を重ねて、物事を慎重に行うこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ