濡れぬ先の傘

【ことわざ・慣用句】濡れぬ先の傘(ぬれぬさきのかさ)の意味・例文

意味 失敗しないように先に準備しておくことのたとえ。
例文 濡れぬ先の傘 というし、自転車に乗るときはヘルメットを被ることにしている。
類義語 転ばぬ先の杖石橋を叩いて渡る備えあれば憂いなし、予防線を張る、準備万端、念には念を入れて、慎重
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

濡れぬ先の傘:わかりやすい使い方

ぬれぬさきのかさ:例文1
今日は雨が降るかもしれないから、念のために傘を持っていくケロ。
濡れぬ先の傘:意味2
濡れぬ先の傘 ケロね。準備は大切ケロ。
ぬれぬさきのかさ:例文2
それに傘があればチャンバラをして遊べるケロ♪
濡れぬ先の傘:意味3
一石二鳥 ケロね♪
濡れぬ先の傘:意味4
じゃなくて、そんなふうに傘を使っちゃダメケロ!

濡れぬ先の傘】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 転ばぬ先の杖石橋を叩いて渡る備えあれば憂いなし、予防線を張る、準備万端、念には念を入れて、慎重
意味 ⇒ 失敗しないように先に準備しておくことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ