どんぐりの背比べ

【ことわざ・慣用句】どんぐりの背比べ(どんぐりのせいくらべ)の意味・例文

意味 どれも平凡でほとんど同じで、優れて目立つものがないことのたとえ。
例文 ふたりはテストの点数を競っていたが、どちらも平均点以下で どんぐりの背比べ だった。
類義語 似たり寄ったり、目くそ鼻くそを笑う、五十歩百歩、 同じ穴のむじな、 どっこいどっこい、大同小異
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

どんぐりの背比べ:わかりやすい使い方

どんぐりのせいくらべ:例文1
この前できた服屋に行ってきたけど、どれも似たようなデザインでつまらなかったケロ。
どんぐりの背比べ:意味2
あのお店の商品はどれも安いぶん、デザインはいまいちで どんぐりの背比べ ケロ。
どんぐりのせいくらべ:例文2
ボクに似合うもっと目立つ服を置いてほしいケロ。
どんぐりの背比べ:意味3
ケロゆうは目立とうとしすぎケロ。もう少し落ち着いた服を買ったほうがいいケロ。

どんぐりの背比べ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 似たり寄ったり、目くそ鼻くそを笑う、五十歩百歩、 同じ穴のむじな、 どっこいどっこい、大同小異
意味 ⇒ どれも平凡でほとんど同じで、優れて目立つものがないことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ