良薬口に苦し

【ことわざ・慣用句】良薬口に苦し(りょうやくくちににがし)の意味・例文

意味 よく効く薬は苦くて飲みにくい。人からの意見は、聞くのがつらいがためになるということのたとえ。
例文 ダメなところを言われると傷つくが、 良薬口に苦し なのだからちゃんと聞いておこう。
類義語 良薬は口に苦し、忠言耳に逆らう、忠言は耳に逆らえども行いに利あり、いい教訓
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

良薬口に苦し:わかりやすい使い方

良薬口に苦し:意味1
ケロゆう、今日はやけに静かケロね。何かあったケロ?
りょうやくくちににがし:例文1
サッカーについて自分の悪いところを教えてもらったケロ。ありがたいんだけど、ここがダメって言われて少し落ち込んじゃったケロ。
良薬口に苦し:意味2
良薬口に苦し ケロ。そのアドバイスを飲み込めたらもっと成長できるケロよ。
りょうやくくちににがし:例文2
そうケロね。明日からまた頑張るケロ!

良薬口に苦し】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 良薬は口に苦し、忠言耳に逆らう、忠言は耳に逆らえども行いに利あり、いい教訓
意味 ⇒ よく効く薬は苦くて飲みにくい。人からの意見は、聞くのがつらいがためになるということのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ