積羽舟を沈む

【ことわざ・慣用句】積羽舟を沈む(せきうふねをしずむ)の意味・例文

意味 わずかなものでも、積もり積もれば大きなものになることのたとえ。
例文 積羽舟を沈む で、毎日少しずつ節約している。
類義語 塵も積もれば山となる雨垂れ石をも穿つ継続は力なり石の上にも三年、ちりつも、コツコツと
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

積羽舟を沈む:わかりやすい使い方

積羽舟を沈む:意味1
ダイエットのために今日は腹筋を10回したケロ。
せきうふねをしずむ:例文1
たったそれだけケロ?少なすぎるケロ。
積羽舟を沈む:意味2
積羽舟を沈む だケロ。毎日続ければ効果が出るケロ。
せきうふねをしずむ:例文2
じゃあ毎日のおやつもやめるケロ。 積羽舟を沈む で、合計するとけっこう食べているケロ。
積羽舟を沈む:意味3
っ。。。その通りだけど、やめられないケロ。。。

積羽舟を沈む】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 塵も積もれば山となる雨垂れ石をも穿つ継続は力なり、ちりつも、コツコツと
意味 ⇒ わずかなものでも、積もり積もれば大きなものになることのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ