雨垂れ石をも穿つ

【ことわざ・慣用句】雨垂れ石をも穿つ(あまだれいしをもうがつ)の意味・例文

意味 どんなに小さなことでも、積み重ねると大きくなるということ。
例文 雨垂れ石をも穿つ というように、日々の努力が良い結果を生むのだろう。
類義語 塵も積もれば山となる継続は力なり、コツコツと、積羽舟を沈む、雨垂れ石を穿つ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

雨垂れ石をも穿つ とは:わかりやすい使い方の例

あまだれいしをもうがつ:例文1
…7、8、9、10!
雨垂れ石をも穿つとは:意味2
見事なヘディングケロ。さすがサッカー部ケロ。
あまだれいしをもうがつ:例文2
でもまだまだケロ。もっと上手くなりたいケロ。
雨垂れ石をも穿つ:意味3
雨垂れ石をも穿つ というケロ。コツコツ基礎練習して努力するのみだケロ。

雨垂れ石をも穿つ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 塵も積もれば山となる継続は力なり、コツコツと、地道に努力を重ねる、雨垂れ石を穿つ
意味 ⇒ どんなに小さなことでも、積み重ねると大きくなるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ