竹馬の友

【ことわざ・慣用句】竹馬の友(ちくばのとも)の意味・例文

意味 昔から仲の良い幼なじみのこと。
例文 彼らは 竹馬の友 で何でも言い合える関係らしい。
類義語 昔なじみ、昔からの友達、旧友、長年の付き合い、旧知の仲、幼馴染、マブダチ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

竹馬の友 とは:わかりやすい使い方の例

ちくばのとも:例文1
さっき○○君と偶然道で会ったケロ。中学が違うから久しぶりに会ったけど話が尽きなかったケロ。
竹馬の友とは:意味2
○○君とは離れていてもずっと仲の良い 竹馬の友 ケロね。
ちくばのとも:例文2
変わっていなくてなんだか安心したケロ。
竹馬の友:意味3
きっと一生の友だちケロね。大切にするケロよ~。

竹馬の友】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 昔なじみ、昔からの友達、旧友、長年の付き合い、旧知の仲、幼馴染、マブダチ
意味 ⇒ 昔から仲の良い幼なじみのこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ