負けるが勝ち

【ことわざ・慣用句】負けるが勝ち(まけるがかち)の意味・例文

意味 時には争わずに相手に勝利を譲った方が結果的に自分にとって有利になるということ。
例文 弟がケンカを売ってきたが、ここは 負けるが勝ち で挑発には乗らず放っておこう。
類義語 急がば回れ、逃げるが勝ち、急いては事を仕損じる損して得取れ、焦りは禁物
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

負けるが勝ち:わかりやすい使い方

負けるが勝ち:意味1
だからこうやって~…。
まけるがかち:例文1
パパの説明は難しいケロ!
負けるが勝ち:意味2
それはケロゆうが基礎を理解していないからで…
まけるがかち:例文2
負けるが勝ち:意味3
(!あまり言うとケロゆうはへそを曲げてしまうかも!ここは 負けるが勝ち ケロ…。)もう一度、最初から説明するケロね。この式が・・・
まけるがかち:例文3
なるほどケロ。

負けるが勝ち】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 急がば回れ、逃げるが勝ち、急いては事を仕損じる損して得取れ、焦りは禁物
意味 ⇒ 時には争わずに相手に勝利を譲った方が結果的に自分にとって有利になるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ