運を天に任せる

【ことわざ・慣用句】運を天に任せる(うんをてんにまかせる)の意味・例文

意味 成功するか否かは、成り行きにまかせるという意味。
例文 やることはやりつくしたので、あとは 運を天に任せる しかない。
類義語 成り行きに任せる、一か八かの賭けに出る、清水の舞台から飛び降りる、人事を尽くして天命を待つ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

運を天に任せる:わかりやすい使い方

うんをてんにまかせる:例文1
春休みが明けたら新しいクラスケロ!友達と一緒のクラスになりたいケロ。
運を天に任せる:意味2
運を天に任せる しかないケロね。
うんをてんにまかせる:例文2
友だちと一緒がいいけど、どのクラスになっても友だちを沢山作りたいケロ。
運を天に任せる:意味3
ケロゆうならきっと、どこになっても大丈夫ケロよ♪

運を天に任せる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 成り行きに任せる、一か八かの賭けに出る、清水の舞台から飛び降りる、人事を尽くして天命を待つ
意味 ⇒ 成功するか否かは、成り行きにまかせるという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ