石の上にも三年

【ことわざ・慣用句】石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)の意味・例文

意味 我慢強く辛抱していれば、いつかは必ず成功するという意味。
例文 石の上にも三年 という言葉を信じて努力し続けてきたおかげで、やっと夢を叶えることができた。
類義語 継続は力なり待てば海路の日和あり雨垂れ石をも穿つ(あまだれいしをもうがつ)、忍耐が大事
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

石の上にも三年 とは:わかりやすい使い方の例

いしのうえにもさんねん:例文1
この女優さん、最近よくテレビで観るケロね。
石の上にも三年とは:意味2
下積み時代が長かったけど、 石の上にも三年 と思って諦めずに頑張ってきたらしいケロよ。
いしのうえにもさんねん:例文2
可愛いケロ。結婚したいケロ~♪
石の上にも三年:意味3
石の上にも三年 座っても高嶺の花ケロ。

石の上にも三年】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 継続は力なり待てば海路の日和あり雨垂れ石をも穿つ(あまだれいしをもうがつ)、忍耐が大事
意味 ⇒ 我慢強く辛抱していれば、いつかは必ず成功するという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ