息を呑む

【ことわざ・慣用句】息を呑む(いきをのむ)の意味・例文

意味 驚き、一瞬息を止めること。
例文 ウェディングドレスを着た彼女があまりにも美しかったので、僕は思わず 息を呑んだ
類義語 言葉を失う、絶句する、唖然とする(あぜん)、ハッとする、肝を冷やす、固唾をのむ(かたず)
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

息を呑む とは:わかりやすい使い方の例

いきをのむ:例文1
やっぱりサッカーのプロリーグは迫力があるケロね!
息を呑むとは:意味2
応援をしているチームが逆転ゴールを決めたときには、思わず 息を呑んで しまったケロ。
いきをのむ:例文2
僕もあんな風になりたいケロ~。
息を呑む:意味3
頑張るケロよ。パパも応援してるケロよ♪

息を呑む】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 言葉を失う、絶句する、唖然とする(あぜん)、ハッとする、肝を冷やす、固唾をのむ(かたず)
意味 ⇒ 驚き、一瞬息を止めること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ