目を奪う

【ことわざ・慣用句】目を奪う(めをうばう)の意味・例文

意味 美しさやすばらしさなどで、すっかり見とれさせる。
例文 あまりの美しい景色に 目を奪われた
類義語 目を引く、注目を集める、目立つ 、視線を釘付けにする、皆が振り返る、魅せる、虜にする
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目を奪う:わかりやすい使い方

めをうばう:例文1
この俳優さん、クールでめちゃくちゃかっこいいケロ。
目を奪う:意味2
これだけイケメンだったら、周りの人の 目を奪って しまいそうケロね。
めをうばう:例文2
ボクも人の目をうばうくらいかっこよくなりたいケロ〜。
目を奪う:意味3
また無茶なことを言っているケロ。どう考えてもキャラが違うケロよ。

目を奪う】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 目を引く、注目を集める、目立つ 、視線を釘付けにする、皆が振り返る、魅せる、虜にする
意味 ⇒ 美しさやすばらしさなどで、すっかり見とれさせる。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ