目は口ほどに物を言う

【ことわざ・慣用句】目は口ほどに物を言う(めはくちほどにものをいう)の意味・例文

意味 情のこもった目つきは、口で言うのと同じくらい人の気持ちを伝える。
例文 彼は強気なことを言っていたが、 目は口ほどに物を言う で、目を見たら緊張しているのがわかった。
類義語 目を見たら分かる、目は心の鏡、成るか成らぬか目元で知れ、目が物を言う、目は人の眼
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

目は口ほどに物を言う とは:わかりやすい使い方の例

目は口ほどに物を言うとは:意味1
ケロゆう、何か嫌なことでもあったケロ?
めはくちほどにものをいう:例文1
そうだけど、どうしてわかったケロ?
目は口ほどに物を言うとは:意味2
目は口ほどに物を言う ケロ。目を見たらわかったケロ。
めはくちほどにものをいう:例文2
じつは友達に彼女ができたケロ。それがうらやましいケロ!
目は口ほどに物を言う:意味3
ケロゆう。。。友達なんだからそこは幸せを祈ってやるケロ。

目は口ほどに物を言う】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 目を見たら分かる、目は心の鏡、成るか成らぬか目元で知れ、目が物を言う、目は人の眼
意味 ⇒ 情のこもった目つきは、口で言うのと同じくらい人の気持ちを伝える。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ