目の色を変える

【ことわざ・慣用句】目の色を変える(めのいろをかえる)の意味・例文

意味 怒ったり驚いたり何かに夢中になったりして、目つきを変えること。
例文 試合が始まると彼は 目の色を変える
類義語 夢中になる、血相を変える、必死になる、ムキになる、意地をはる、前のめりになる 、がむしゃらに
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目の色を変える とは:わかりやすい使い方の例

目の色を変えるとは:意味1
ケロゆう、 目の色を変えて いったい何を考えているケロ?
めのいろをかえる:例文1
宿題が終わらなかった時のために言い訳を考えているケロ。
目の色を変えるとは:意味2
そんな暇があったら少しでも宿題をするケロ!
めのいろをかえる:例文2
でもこの宿題、ぜんぜんわからないケロよ。
目の色を変える:意味3
わかったケロ。パパがみっちり教えてやるから、宿題をするケロ。
めのいろをかえる:例文3
パパの 目の色が変わった ケロ。終わるまで解放してくれなさそうケロ。。。

目の色を変える】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 夢中になる、血相を変える、必死になる、ムキになる、意地をはる、前のめりになる 、がむしゃら
意味 ⇒ 怒ったり驚いたり何かに夢中になったりして、目つきを変えること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ