目には目を

【ことわざ・慣用句】目には目を(めにはめを)の意味・例文

意味 受けた害に対して、同等の仕返しをすること。
例文 目には目を で、やられたら同じだけやり返すようにしている。
類義語 目には目を歯には歯を、やられたらやり返す、リベンジ、仕返し、報復、復讐、反撃、逆襲する
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目には目を とは:わかりやすい使い方の例

めにはめを:例文1
トランプの大富豪をしたんだけど、友達が革命をしたせいでボロ負けしたケロ!
目には目をとは:意味2
そういうルールだから仕方がないケロ。 目には目を と言うし、悔しかったらやり返すケロ。
めにはめを:例文2
そうケロね。今度はボクが革命をして、友達をおとしめてやるケロ!
目には目を:意味3
言っておいてなんだけど熱くなりすぎケロ。仲良く遊ぶケロよ。

目には目を】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 目には目を歯には歯を、やられたらやり返す、リベンジ、仕返し、報復、復讐、反撃、逆襲する
意味 ⇒ 受けた害に対して、同等の仕返しをすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ