目に余る

【ことわざ・慣用句】目に余る(めにあまる)の意味・例文

意味 程度がひどくて黙って見ていられない。また、数が多くて一目では見渡せない。
例文 部屋の汚れが 目に余る ので、掃除するように言いつけた。
類義語 ひどい、とんでもない、甚だしい、自己中心的、ずうずうしい、どぎつい、常軌を逸する、言語道断
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目に余る:わかりやすい使い方

目に余る:意味1
ケロゆう、また授業中に騒いでいたケロね!
めにあまる:例文1
なんでそれを知っているケロ?
目に余る:意味2
授業中の態度が 目に余る って先生から電話があったケロ!いい加減にパパも怒るケロ!
めにあまる:例文2
ごめんなさいケロ。 悪事千里を走る ケロね。。気をつけるから許してケロ〜。

目に余る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ ひどい、とんでもない、甚だしい、自己中心的、ずうずうしい、どぎつい、常軌を逸する、言語道断
意味 ⇒ 程度がひどくて黙って見ていられない。また、数が多くて一目では見渡せない。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ