爪に火をともす

【ことわざ・慣用句】爪に火をともす(つめにひをともす)の意味・例文

意味 非常にケチで、極端に倹約をすること。
例文 彼は事業に失敗して借金を背負い、今は 爪に火をともす 生活をしているらしい。
類義語 質素、倹約する、慎ましい、極貧、赤貧、けちくさい、みみっちい、つつましやか
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

爪に火をともす:わかりやすい使い方

つめにひをともす:例文1
新作のゲームが出るケロ。ほしいケロ~!
爪に火をともす:意味2
先週もゲームを買ってなかったケロ?今から無駄使いをする癖をつけていると、将来お金に困って 爪に火をともす 生活をすることになっても知らないケロよ~。
つめにひをともす:例文2
僕は経済を回そうとしているケロ。立派な社会貢献ケロ。
爪に火をともす:意味3
どこでそんな言葉覚えたケロ…。

爪に火をともす】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 質素、倹約する、慎ましい、極貧、赤貧、けちくさい、みみっちい、つつましやか
意味 ⇒ 非常にケチで、極端に倹約をすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ