罪を憎んで人を憎まず

【ことわざ・慣用句】罪を憎んで人を憎まず(つみをにくんでひとをにくまず)の意味・例文

意味 犯した罪は憎んでも、その罪を犯した本人まで憎んではならないという意味。
例文 いくら罪を憎んで人を憎まずと言えども、飲酒運転で事故を起こした人を許すことは難しい。
類義語 その罪を憎んでその人を憎まず
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

罪を憎んで人を憎まず とは:わかりやすい使い方の例

罪を憎んで人を憎まずとは:意味1
またあおり運転のニュースケロ。
つみをにくんでひとをにくまず:例文1
物騒な世の中ケロ。
罪を憎んで人を憎まずとは:意味2
いくら罪を憎んで人を憎まずと言っても、あおり運転の被害者のことを考えると、加害者を許せないケロ。
つみをにくんでひとをにくまず:例文2
皆が穏やかに運転ができると良いケロね。

罪を憎んで人を憎まず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ その罪を憎んでその人を憎まず
意味 ⇒ 犯した罪は憎んでも、その罪を犯した本人まで憎んではならないという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ