果報は寝て待て

【ことわざ・慣用句】果報は寝て待て(かほうはねてまて)の意味・例文

意味 幸福は自分の力ではどうすることもできないから、自然に機会がやってくるのを待つのがよいということ。
例文 備はしっかりしたのだから、あとは 果報は寝て待て だ。
類義語 人事を尽くして天命を待つ、待てば海路の日和あり、待てば甘露の日和あり(かんろ)、石の上にも三年
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

果報は寝て待て:わかりやすい使い方

かほうはねてまて:例文1
うう、不安ケロ。。。
果報は寝て待て:意味2
どうしたケロ?
かほうはねてまて:例文2
明日返ってくるテストの点数が気になるケロ。
果報は寝て待て:意味3
果報は寝て待て っていうケロ。やれるだけのことをしたのならあとは焦らずに待つケロ。
かほうはねてまて:例文3
全然勉強をしていなかったから不安なんだケロ。
果報は寝て待て:意味4
それは 因果応報 ケロ。努力しないのが悪いケロ。

果報は寝て待て】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 人事を尽くして天命を待つ、待てば海路の日和あり、待てば甘露の日和あり、石の上にも三年
意味 ⇒ 幸福は自分の力ではどうすることもできないから、自然に機会がやってくるのを待つのがよいということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ