亀の甲より年の功

【ことわざ・慣用句】亀の甲より年の功(かめのこうよりとしのこう)の意味・例文

意味 年長者の経験は貴重であるということ。
例文 亀の甲より年の功 で、先輩のアドバイスはためになる。
類義語 亀の甲より年の劫、一日の長、老いたる馬は道を忘れず、医者と坊主は年寄りがよい、経験が大事
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

亀の甲より年の功 とは:わかりやすい使い方の例

かめのこうよりとしのこう:例文1
じいじはボクの知らないことをたくさん知っているケロね〜。
亀の甲より年の功とは:意味2
亀の甲より年の功 ケロ。いろいろ教えてもらうといいケロ。
かめのこうよりとしのこう:例文2
じゃあ今度じいじの家で野菜の作り方を教わってくるケロ♪
亀の甲より年の功:意味3
それはいいケロね。楽しそうだからパパも教わるケロ♪

亀の甲より年の功】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 亀の甲より年の劫、一日の長、老いたる馬は道を忘れず、医者と坊主は年寄りがよい、経験が大事
意味 ⇒ 年長者の経験は貴重であるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ