手塩にかける

【ことわざ・慣用句】手塩にかける(てしおにかける)の意味・例文

意味 自ら面倒を見て大切に育てること。
例文 これは私の畑で 手塩にかけて 育てた有機野菜です。
類義語 目をかける、かわいがる、寵愛する、大切に育てる、手をかける、世話を焼く、情熱を注ぐ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

手塩にかける とは:わかりやすい使い方の例

てしおにかける:例文1
今回のテスト、数学が満点だったケロ!クラスで満点を取ったのは僕一人で、先生に褒められたケロ~。
手塩にかけるとは:意味2
さすがパパが 手塩にかけて 育てた自慢の息子ケロ!
てしおにかける:例文2
やる気が出てきたケロ。次のテストも頑張るケロ~!
手塩にかける:意味3
その調子で頑張るケロ♪

手塩にかける】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 目をかける、かわいがる、寵愛する、大切に育てる、手をかける、世話を焼く、情熱を注ぐ
意味 ⇒ 自ら面倒を見て大切に育てること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ