大海の一滴

【ことわざ・慣用句】大海の一滴(たいかいのいってき)の意味・例文

意味 広い海の中の一滴の水のように、全体を見たときにあまりにも小さなものである事のたとえ。
例文 広い宇宙から見たら私の悩み事などきっと 大海の一滴 に過ぎないのだろう。
類義語 大海の一粟、滄海の一粟、九牛の一毛、微小、非常に小さい、取るに足らない、ちっぽけ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


大海の一滴:わかりやすい使い方

たいかいのいってき:例文1
今日は雲一つない空ケロね!
大海の一滴:意味2
広い空を見ていると自分の悩みなんて 大海の一滴 にように、ちっぽけなことに思えてくるケロ。
たいかいのいってき:例文2
ホントケロ!国語のテストで赤点だったことなんてちっぽけなことケロ。
大海の一滴:意味3
赤点だったケロ!?それはもっと悩んでほしいケロ~!

大海の一滴】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 大海の一粟、滄海の一粟、九牛の一毛、微小、非常に小さい、取るに足らない、ちっぽけ
意味 ⇒ 広い海の中の一滴の水のように、全体を見たときにあまりにも小さなものである事のたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ