待てば海路の日和あり

【ことわざ・慣用句】待てば海路の日和あり(まてばかいろのひよりあり)の意味・例文

意味 今が良くない状況だったとしても焦らず待っていれば、状況は好転するという意味。
例文 なかなか就職が出来ず焦りはあるが、 待てば海路の日和あり というからめげずに頑張ろう。
類義語 果報は寝て待て石の上にも三年 、人事を尽くして天命を待つ、継続は力なり、満を持して
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

待てば海路の日和あり とは:わかりやすい使い方の例

まてばかいろのひよりあり:例文1
なかなか成績が上がらないケロ~。
待てば海路の日和ありとは:意味2
待てば海路の日和あり ケロよ。頑張って勉強を続けていれば、いつかきっと報われるケロ。
まてばかいろのひよりあり:例文2
いつかって、いつケロ?ボクは頑張ってるケロ。
待てば海路の日和あり:意味3
ケロゆう、さっきから口しか動いてないケロ!勉強中は口じゃなくて手も動かすケロよ!!

待てば海路の日和あり】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 果報は寝て待て石の上にも三年 、人事を尽くして天命を待つ、継続は力なり、満を持して
意味 ⇒ 今が良くない状況だったとしても焦らず待っていれば、状況は好転するという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ