下手の横好き

【ことわざ・慣用句】下手の横好き(へたのよこずき)の意味・例文

意味 下手なくせに、その物事が好きで熱心でいること。
例文 彼女は 下手の横好き だと言っていたが、彼女の歌唱力はプロ並みだと思う。
類義語 趣味として物事を楽しむ、愛好家、たしなむ、熱心な
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

下手の横好き:わかりやすい使い方

下手の横好き:意味1
ジャンガン、ガシャン♪
へたのよこずき:例文1
突然、ギターなんかしてどうしたケロ?
下手の横好き:意味2
若い時にハマっていたのを思い出して実家から持ってきたケロ。 下手の横好き だけど今やっても楽しいケロ。ジャン、ボロン♪
へたのよこずき:例文2
本当にへたくそケロ~。

下手の横好き】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 趣味として物事を楽しむ、愛好家、たしなむ、熱心な
意味 ⇒ 下手なくせに、その物事が好きで熱心でいること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ