月とすっぽん

【ことわざ・慣用句】月とすっぽん(つきとすっぽん)の意味・例文

意味 一見似ているように見えるものでも、実際にはその違いが大きすぎること。
例文 さすが高級寿司!百円寿司とでは同じ寿司でも 月とすっぽん ほど味に違いがある!
類義語 雲泥の差(うんでいのさ)、提灯に釣り鐘(ちょうちんにつりがね)、全然違う、足元にも及ばない
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

月とすっぽん とは:わかりやすい使い方の例

つきとすっぽん:例文1
このチョコ美味しいケロ!
月とすっぽんとは:意味2
デパ地下限定のチョコをおばあちゃんがくれたケロ。
つきとすっぽん:例文2
いつものとは全然違うケロ~!
月とすっぽん:意味3
同じチョコでも 月とすっぽん ケロね。パパのも残しておいてほしいケロ。
つきとすっぽん:例文3
美味しすぎて全部食べちゃったケロ…。
月とすっぽん:意味4
。。。ケロ

月とすっぽん】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 雲泥の差(うんでいのさ)、提灯に釣り鐘(ちょうちんにつりがね)、全然違う、足元にも及ばない
意味 ⇒ 一見似ているように見えるものでも、実際にはその違いが大きすぎること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ