二度あることは三度ある

【ことわざ・慣用句】二度あることは三度ある(にどあることはさんどある)の意味・例文

意味 二度あったことはもう一度ある。物事は繰り返されるものであるということ。
例文 今月は二回も財布を落としてしまった。 二度あることは三度ある と言うし、気をつけよう。
類義語 この道はいつか来た道、歴史は繰り返す、朝あることは晩にある、同じ轍(てつ)を踏む
反対語 三度目の正直
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

二度あることは三度ある:わかりやすい使い方

にどあることはさんどある:例文1
今日は試合で3回もシュートを決めたケロ。ハットトリックケロ♪
二度あることは三度ある:意味2
二度あることは三度ある と言うけれど、まさか決めるとは思わなかったケロ。
にどあることはさんどある:例文2
今日のヒーローは間違いなくボクケロ♪
二度あることは三度ある:意味3
調子に乗るなと言いたいところだけど、今日のケロゆうは本当に輝いていたケロ。

二度あることは三度ある】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ この道はいつか来た道、歴史は繰り返す、朝あることは晩にある、同じ轍を踏む
意味 ⇒ 二度あったことはもう一度ある。物事は繰り返されるものであるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ