二階から目薬

【ことわざ・慣用句】二階から目薬(にかいからめぐすり)の意味・例文

意味 物事が思うようにいかずにもどかしいこと。また、回りくどくて効果がないことのたとえ。
例文 苦手な数学を勉強し始めたが、まるで 二階から目薬 でなかなか進まなかった。
類義語 歯がゆい、回りくどい、のれんに腕押し(暖簾に腕押し)、役に立たない、無意味、的外れ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

二階から目薬 とは:わかりやすい使い方の例

二階から目薬とは:意味1
ケロゆうは最近、サッカーのテレビゲームにハマっているケロね。
にかいからめぐすり:例文1
これをやると実際のサッカーもうまくなる気がするケロ。
二階から目薬とは:意味2
そういうのは 二階から目薬 って言うケロ。うまくなりたいなら実際に練習したほうがいいケロ。
にかいからめぐすり:例文2
それもそうケロね。ちょっと外で練習してくるケロ。

二階から目薬】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 歯がゆい、回りくどい、のれんに腕押し、役に立たない、無意味、的外れ
意味 ⇒ 物事が思うようにいかずにもどかしいこと。また、回りくどくて効果がないことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ