背徳感

【ことわざ・慣用句】背徳感(はいとくかん)の意味・例文

意味 良くないことをしているという後ろめたい気持ちのこと。
例文 ダイエット中に甘いお菓子を食べた時にはたまらない 背徳感 を感じる。
類義語 罪悪感、後ろめたさ、悪いことをしている感覚、こそこそしている
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


背徳感:わかりやすい使い方

背徳感:意味1
こそこそ…夜中に食べるラーメンは 背徳感 がたまらないケロ!うん、美味しいケロ♪
はいとくかん:例文1
ふぁぁ…パパ、台所で何をやってるケロか?
背徳感:意味2
ドキっ!な、なんでもないケロ!
はいとくかん:例文2
?怪しすぎるケロ~…。

背徳感】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 罪悪感、後ろめたさ、悪いことをしている感覚、こそこそしている
意味 ⇒ 良くないことをしているという後ろめたい気持ちのこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ