量より質

【ことわざ・慣用句】量より質(りょうよりしつ)の意味・例文

意味 数よりも1つ1つの質が大切であるという意味。
例文 接客の仕事は 量より質 が大切だと思うので、お客様には丁寧に接しようと決めている。
類義語 量の増加は質の低下、一つ一つを大切に、一点集中
反対語 質より量、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、片っ端から、手当たり次第
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


量より質:わかりやすい使い方

量より質:意味1
パパは物事は 量より質 が大切だと思うケロ。
りょうよりしつ:例文1
僕もそう思うケロ!何事も中身が大切ケロ♪
量より質:意味2
じゃぁケロゆうは安くて沢山のお肉か高級な1枚のステーキならどっちを食べたいケロ?
りょうよりしつ:例文2
もちろん沢山のお肉ケロ!
量より質:意味3
ケロゆうは 質より量 ケロ~。

量より質】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 量の増加は質の低下、一つ一つを大切に、一点集中
意味 ⇒ 数よりも1つ1つの質が大切であるという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ