舌打ちする

【ことわざ・慣用句】舌打ちする(したうちする)の意味・例文

意味 イライラしたり、不機嫌な時に「ちっ」と舌を鳴らす仕草のこと。
例文 車の渋滞に巻き込まれて思わず 舌打ち してしまった。
類義語 愚痴る、不平不満を言う、不快な表情、顔をしかめる、眉間にしわを寄せる、唇をとがらせる
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

舌打ちする とは:わかりやすい使い方の例

舌打ちするとは:意味1
ケロゆう!ちょっと手伝ってほしいケロ~!
したうちする:例文1
今忙しいから無理ケロ~。
舌打ちするとは:意味2
すぐ終わるから手伝ってほしいケロ~!!
したうちする:例文2
ちっ、分かったケロ~。
舌打ちする:意味3
今、 舌打ちした ケロね。反抗期ケロか?

舌打ちする】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 愚痴る、不平不満を言う、不快な表情、顔をしかめる、眉間にしわを寄せる、唇をとがらせる
意味 ⇒ イライラしたり、不機嫌な時に「ちっ」と舌を鳴らす仕草のこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ