手も足も出ない

【ことわざ・慣用句】手も足も出ない(てもあしもでない)の意味・例文

意味 なす術がない。力が足りなくてどうしようもない。
例文 テストを受けたが、勉強不足で 手も足も出なかった
類義語 歯が立たない、太刀打ちできない、手の打ちようがない、お手上げだ、手の施しようがない
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

手も足も出ない とは:わかりやすい使い方の例

てもあしもでない:例文1
今日の試合、対戦相手が強すぎて何もできなかったケロ。
手も足も出ないとは:意味2
特に守りが堅くて手も 足も出なかった ケロね。
てもあしもでない:例文2
次は負けないようにもっと練習するケロ!
手も足も出ない:意味3
その意気ケロ。負けたという経験を強さに変えるケロ。

手も足も出ない】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 歯が立たない、太刀打ちできない、手の打ちようがない、お手上げだ、手の施しようがない
意味 ⇒ なす術がない。力が足りなくてどうしようもない。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ