鉄は熱いうちに打て

【ことわざ・慣用句】鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)の意味・例文

意味 柔軟で成長できる若いうちに鍛えるべきである。また、人の熱意があるうちに事を運ぶべきである、ということのたとえ。
例文 鉄は熱いうちに打て というし、みんなのやる気があるうちに計画を話し合っておこう。
類義語 善は急げ 、思い立ったが吉日、善行にためらいは不要、先んずれば人を制す
反対語 急がば回れ急いては事を仕損じる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

鉄は熱いうちに打て とは:わかりやすい使い方の例

てつはあついうちにうて:例文1
部活で毎日走っているおかげか、だいぶ体力がついてきたケロ♪
鉄は熱いうちに打てとは:意味2
鉄は熱いうちに打て というケロ。若いうちに鍛えておくといいケロ。
てつはあついうちにうて:例文2
わかったケロ。パパみたいなぷよぷよお腹にならないように鍛えるケロ。
鉄は熱いうちに打て:意味3
その通りだけど、ひと言余計ケロ。

鉄は熱いうちに打て】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 善は急げ 、思い立ったが吉日、善行にためらいは不要、先んずれば人を制す
意味 ⇒ 柔軟で成長できる若いうちに鍛えるべきである。また、人の熱意があるうちに事を運ぶべきである、ということのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ