浮き足立つ

【ことわざ・慣用句】浮き足立つ(うきあしだつ)の意味・例文

意味 心が落ち着かない、心配で仕方がないという意味。
例文 大学の合格発表前日、兄は結果が気になって、 浮き足立った 様子だった。
類義語 気になる、落ち着かない、そわそわしている、気もそぞろ、 上の空 、心ここにあらず、気が気でない
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


浮き足立つ:わかりやすい使い方

うきあしだつ:例文1
明日はテストの答案が返ってくる日ケロ!気になるケロ~!
浮き足立つ:意味2
もう結果は出ているんだからジタバタしても一緒ケロ。
うきあしだつ:例文2
分かってるけど気になるケロ~!!
浮き足立つ:意味3
(結果が良かったらお小遣いをアップする約束をしているから… 浮き足立っている/span> ケロね。)

浮き足立つ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 気になる、落ち着かない、そわそわしている、気もそぞろ、 上の空 、心ここにあらず、 気が気でない
意味 ⇒ 心が落ち着かない、心配で仕方がないという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ