年季が入る

【ことわざ・慣用句】年季が入る(ねんきがはいる)の意味・例文

意味 長く使われていること。また、一つの仕事を長年続けてきて熟練していること。
例文 母はずいぶん 年季が入った カバンを使い続けている。
類義語 円熟する、熟練した、味が出る、風格がにじむ、いぶし銀、昔とった杵柄、亀の甲より年の功一人前
反対語 経験が浅い、未熟、青二才、新鮮、新しい、くちばしが黄色い、尻が青い、駆け出し
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

年季が入る:わかりやすい使い方

ねんきがはいる:例文1
その時計、ずいぶん 年季が入っている ケロね。
年季が入るとは:意味2
これはおじいちゃんからもらった宝物ケロ。もう50年は使っているケロ。
ねんきがはいる:例文2
50年!?それはすごいケロ。思い出の時計ケロね!
年季が入るとは:意味3
新しいものもいいけど、パパは思い出を大切にしていきたいケロ♪

年季が入る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


年季が入るの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 円熟する、熟練した、味が出る、風格がにじむ、いぶし銀、昔とった杵柄、亀の甲より年の功一人前
意味 ⇒ 長く使われていること。また、一つの仕事を長年続けてきて熟練していること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 経験が浅い、未熟、青二才、新鮮、新しい、くちばしが黄色い、尻が青い、駆け出し

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ