五十歩百歩

【ことわざ・慣用句】五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の意味・例文

意味 小さな差はあるが、たいして違いはないこと。
例文 期間限定のチョコレートを買ってみたが、いつも食べているものと 五十歩百歩 で、味はほとんど同じだった。
類義語 大同小異どんぐりの背比べ、目くそ鼻くそを笑う、似たり寄ったり、ドッコイドッコイ、大差がない、大して違わない、どっちもどっち
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

五十歩百歩:わかりやすい使い方

ごじっぽひゃっぽ:例文1
やったー!今回は頑張ったかいあって、期末テストの平均が上がったケロー!
五十歩百歩:意味2
それはすごいことケロ!
ごじっぽひゃっぽ:例文2
前回よりも2点高かったケロ♪
五十歩百歩:意味3
(前は50点だったけど今回は80点ぐらいあるかな。。。)
五十歩百歩:意味4
…( 五十歩百歩 ケロ。)


【五十歩百歩】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。
他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べるときはサイト内検索をご利用ください。
<ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ