蜘蛛の子を散らす

【ことわざ・慣用句】蜘蛛の子を散らす(くものこをちらす)の意味・例文

意味 大勢のものがばらばらになって逃げていくことのたとえ。
例文 急に雨が降ってきて、通りを歩いていた人たちは 蜘蛛の子を散らす ように屋根のあるところに逃げた。
類義語 散り散りに逃げる、一斉に逃げる、四方八方に、てんでバラバラに逃走する、総崩れになる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

蜘蛛の子を散らす とは:わかりやすい使い方の例

くものこをちらす:例文1
はー、びっくりしたケロ。
蜘蛛の子を散らすとは:意味2
息を切らしてどうしたケロ?
くものこをちらす:例文2
放課後に友達と学校で遊んでいたら、早く帰れって先生に怒られたケロ。それでみんな自分の家に慌てて帰ったケロよ。
蜘蛛の子を散らす:意味3
蜘蛛の子を散らす ように逃げてきたケロね。
くものこをちらす:例文3
おかげで疲れたから、今日はもう勉強しないケロ。
蜘蛛の子を散らす:意味4
理由をこじつけるなケロ。先生に怒られたのは 自業自得 ケロ!勉強はちゃんとするケロ。

蜘蛛の子を散らす】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 散り散りに逃げる、一斉に逃げる、四方八方に、てんでバラバラに逃走する、総崩れになる
意味 ⇒ 大勢のものがばらばらになって逃げていくことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ