表沙汰

【ことわざ・慣用句】表沙汰(おもてざた)の意味・例文

意味 内密にしていたことがみんなに知られること。
例文 誰にも30年間言っていなかった秘密がひょんなことから 表沙汰 になってしまった。
類義語 表ざたになる:バレる、露呈する、発覚する、明らかになる、あらわ、表面化する、暴かれる
反対語 秘密にする、隠す、隠蔽する、ひた隠しにする、内緒にする、胸にしまう、口外しない
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

表沙汰:わかりやすい使い方

表沙汰とは:意味1
あぁ、どうしよう。ずっと秘密にしていたのに、会社で知れ渡ってしまったケロ…
おもてざた:例文1
か、会社で何かあったケロ?
表沙汰とは:意味2
実はお化けが怖いということがひょんなことから 表沙汰 になってしまったケロ…。
おもてざた:例文2
しょ、しょうもないケロ…。

表沙汰】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


表沙汰の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 表ざたになる:バレる、露呈する、発覚する、明らかになる、あらわ、表面化する、暴かれる
意味 ⇒ 内密にしていたことがみんなに知られること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 秘密にする、隠す、隠蔽する、ひた隠しにする、内緒にする、胸にしまう、口外しない

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ