語弊がある

【ことわざ・慣用句】語弊がある(ごへいがある)の意味・例文

意味 表現方法や言葉が不適切で誤解を招くこと。
例文 マイペースと言うと 語弊がある かもしれないが、常に自分らしく振る舞う君は素敵だと思う。
類義語 誤解を招く、誤った印象を与える、差しさわりがある、違和感がある、見当はずれ
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


語弊がある:わかりやすい使い方

語弊がある:意味1
ケロゆうはいつもマイペースケロね。
ごへいがある:例文1
それってどういう意味ケロ?のんびり屋さんってことケロか?
語弊がある:意味2
ごめんケロ、 語弊がある 言い方だったケロ。自分の意見を持っていて、人に流されないっていう、いい意味で言ったケロ。
ごへいがある:例文2
それならオッケーケロ~!

語弊がある】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 誤解を招く、誤った印象を与える、差しさわりがある、違和感がある、見当はずれ
意味 ⇒ 表現方法や言葉が不適切で誤解を招くこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ