朱に交われば赤くなる

【ことわざ・慣用句】朱に交われば赤くなる(しゅにまじわればあかくなる)の意味・例文

意味 人は付き合う人間や環境によって良くも悪くもなるということ。
例文 高校になってから姉の行動は派手になった。きっと 朱に交われば赤くなる で、友だちの影響が大きいのだろう。
類義語 あおりを受ける、引きずられる、影響を受ける、感化される
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

朱に交われば赤くなる:わかりやすい使い方

朱に交われば赤くなる:意味1
ケロゆうは最近いつも帰りが遅いケロ! 朱に交われば赤くなる で悪い友達とつるんでるんじゃないケロね!?
しゅにまじわればあかくなる:例文1
ち、違うケロ。遅いのも今日で終わりケロ。
朱に交われば赤くなる:意味2
どういうことケロ!?
しゅにまじわればあかくなる:例文2
美術の授業の絵を早く仕上げたくて、部活後も描いてたケロ。はいパパ、プレゼントケロ。
朱に交われば赤くなる:意味3
ケロゆう~♪。

朱に交われば赤くなる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ あおりを受ける、引きずられる、影響を受ける、感化される
意味 ⇒ 人は付き合う人間や環境によって良くも悪くもなるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ